その他

「比較都市史研究」2018年は合併号となります(12月刊行予定)

皆様

  会員の皆様におかれましては、日頃より格別のご協力をいただきまして、まことにありがとうございます。
さて、本会会誌『比較都市史研究』につきまして、本年2018年におきましては通例通り年2回の発行を目指しておりましたが、諸般の事情によりまして、年末の12月に合併号を刊行することとし、6月発行をお休みさせていただきたく存じます。
 会員の皆様のお手元にお届けすることができず、大変申し訳ございません。お詫び申し上げます。

Alfred Haverkamp教授講演会のお知らせ

 甚野尚志氏のご仲介によりまして、アルフレート・ハーフェルカンプ氏(トリーア大学名誉教授)の講演会の開催をお知らせします。ハーフェルカンプ教授はドイツ中世史学界の牽引者のひとりとして長年にわたって活躍、その業績はドイツ中世国制史から地域史、都市史、ユダヤ人史、共同体研究と幅広い領域にわたり、現在も精力的に研究を進めておられます。
 なお、第1回講演会につきましては本研究会の共催となります。より多くの皆さまにご参加いただければ幸いです。

第1回講演会

  • 主催:科研・基盤(A)「中近世キリスト教世界の多元性とグローバル・ヒストリーへの視角」
  • 共催:比較都市史研究会
  • 日時:2016年3月18日(金)午後2時から5時30分
  • 場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館5階第五会議室(アクセス
  • 司会: 甚野尚志氏(早稲田大学)
  • 報告者:アルフレート・ハーフェルカンプ氏(トリーア大学)
  • 論題:Research Trends concerning the History of the Jews in Medieval Western Europe
  • コメント:関哲行氏(流通経済大学)

第2回講演会

  • 主催:科研・基盤(A)「中近世キリスト教世界の多元性とグローバル・ヒストリーへの視角」
  • 日時:2016年3月19日(土)午後2時から5時30分
  • 場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館5階第五会議室(アクセス
  • 司会:大貫俊夫氏(岡山大学)
  • 報告者:アルフレート・ハーフェルカンプ氏(トリーア大学)
  • 論題:The Beginnings of Jewish Life North of the Alps, with Comparative Glances at Northern and Central Italy (c. 900-1100)
  • コメント:踊共二氏(武蔵大学)

*いずれも参加費無料、どなたでも参加自由(事前の申し込みは不要)です。

  • アーカイブ