会誌情報 @en

会誌『比較都市史研究』

販売について
 本会会誌『比較都市史研究』は1年に2回(6月、12月)、会員向けに配布しています。
 会員以外の方で『比較都市史研究』の購入をご希望の方は、販売を委託しております岩田書院までご連絡ください。
バックナンバーも扱ってもらっていますのでごいっしょにお問い合わせください。

岩田書院:
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山4-25-6-103
Tel : 03-3326-3757
Fax : 03-3326-6788
e-mail: info@iwata-shoin.co.jp(*左記アットマークは全角文字になっておりますのでご注意ください)

投稿について
 本会会誌は年2回刊行(6月・12月)されています。投稿の締切はそれぞれ2月末日、8月末日までとなります。投稿を受付後、編集委員会が若干名の査読担当者を決定し、採否を審査します。詳細につきましては、下記の投稿規程をご確認ください。

 投稿規程

 会員の投稿を歓迎します。なお次の規定にご注意下さい。
 1. 都市史にかんするもので,次の分類により,それぞれについて枚数制限を設けます。
   なお,注・図表なども制限枚数に含むものとします。
     論文                       400字詰原稿用紙80枚
     研究ノート                     400字詰原稿用紙25~50枚
     その他(研究動向,史料紹介など)      400字詰原稿用紙若干枚
 2. いずれも横書きで,完全原稿に限るものとします。挿図は浄書してください。
 3. 提出された原稿は,編集委員会で審査します。
 4. 『比較都市史研究』に掲載された論文,研究ノート,研究動向等の著作権は,
   「比較都市史研究会」に帰属します。
 5. 投稿を希望される方は,編集委員会にご連絡下さい。

編集委員会連絡先 editorialdep@tsgcuh.jp (*左記アットマークは全角文字になっておりますのでご注意ください)

「比較都市史研究」2018年は合併号となります(12月刊行予定) new

皆様

  会員の皆様におかれましては、日頃より格別のご協力をいただきまして、まことにありがとうございます。
さて、本会会誌『比較都市史研究』につきまして、本年2018年におきましては通例通り年2回の発行を目指しておりましたが、諸般の事情によりまして、年末の12月に合併号を刊行することとし、6月発行をお休みさせていただきたく存じます。
 会員の皆様のお手元にお届けすることができず、大変申し訳ございません。お詫び申し上げます。

『比較都市史研究』33巻1号(2014年6月刊)

目次
フォーラム 高谷知佳
<例会報告>
425  徒弟制と市民権の変質
  ――近世イングランド西部の都市の事例―― 米山秀
426  1650 年代ノリッジのローカル・ポリティクスと宗教的な
 保守主義に関する一考察
 ――J. コリングズとT. ブレイボーンとの対立を事例に―― 穴井佑
427  中世後期ブルターニュ司教座都市における祝祭と
 コンフレリー 小坂井理加
428 中近世ドイツ都市社会における「公共性」試論 永本哲也
<論文>
都市社会におけるコミュニケーションとしての暴力
   ――近世大学都市ライプツィヒにおける学生の暴力行為に
 関する予備的考察―― 齋藤敬之
<新刊紹介>
Wozniak, Thomas: Quedlinburg im 14. und 16. Jahrhundert – ein sozialtopographischer Vergleich (= Hallische Beiträge zur Geschichte des Mittelalters und der Frühen Neuzeit, Bd. 11, hrsg. von Andreas Ranft und Andreas Pečar), Berlin 2013. 小林亜沙美

<文献情報>

『比較都市史研究』32巻1号(2013年6月刊)

目次
フォーラム 渡邊裕一
<例会報告>
418  15 世紀ロンドンの商工業者と同業ギルド 佐々井真知
419  近代日本都市計画事業と費用負担
 ――受益者負担を中心として―― 小林啓祐
420  コミュニケーションと機能
――紛争処理研究の新展開に向けて―― 久保秀雄
421  中野・道重・唐澤(編)『一八世紀イギリスの都市空間を探る』
書評会 岩間俊彦、森宣人
<論文>
中世後期フランス都市における都市議事録
   ――トロワ都市評議会議事録(1429―1433 年) の分析―― 花田洋一郎
オスマン帝国における1582 年祝祭のプログラム復元
   ――「王の祝祭」にみるイスタンブル都市社会の一断面―― 奥美穂子
<研究会報告>
Classer, dire, compter. Discipline du chiffre et fabrique d’une norme comptable à la fin du Moyen Âge 嵩井里恵子

<文献情報>

1 / 612345...Last »

  • アーカイブ