『比較都市史研究』33巻1号(2014年6月刊)

目次
フォーラム 高谷知佳
<例会報告>
425  徒弟制と市民権の変質
  ――近世イングランド西部の都市の事例―― 米山秀
426  1650 年代ノリッジのローカル・ポリティクスと宗教的な
 保守主義に関する一考察
 ――J. コリングズとT. ブレイボーンとの対立を事例に―― 穴井佑
427  中世後期ブルターニュ司教座都市における祝祭と
 コンフレリー 小坂井理加
428 中近世ドイツ都市社会における「公共性」試論 永本哲也
<論文>
都市社会におけるコミュニケーションとしての暴力
   ――近世大学都市ライプツィヒにおける学生の暴力行為に
 関する予備的考察―― 齋藤敬之
<新刊紹介>
Wozniak, Thomas: Quedlinburg im 14. und 16. Jahrhundert – ein sozialtopographischer Vergleich (= Hallische Beiträge zur Geschichte des Mittelalters und der Frühen Neuzeit, Bd. 11, hrsg. von Andreas Ranft und Andreas Pečar), Berlin 2013. 小林亜沙美

<文献情報>

  • アーカイブ